ファクタリング会社の比較のポイントとは

会社経営に携わると、売掛金や買掛金などの意味について把握ができるようになりますが、経営に携わらない人でも一般常識として知識に蓄えておくことが大切です。

取引先との通常取引で生じた購入代金の中で支払いが行われていないものを買掛金と呼びます。


ビジネスの中で何かを購入する場合、お店などで買い物するときには現金払いが一般的ですがクライアントなどから材料を購入するときには現金ではなく手形を利用するなどして仕入れを行います。

ファクタリングの比較の基本知識を紹介しています。

支払いを行うまでには、ある程度先になるので仕入れ時点で資金がない場合でもその間に資金繰りを用意しておけば良いわけです。仕入れ先から見たときには、現金が振り込まれるまでには先になるわけでこれを売掛金と呼んでいます。
売掛金はやがて現金回収が可能になる権利の一つでもあるわけですが、ファクタリングのサービスを提供している会社を使えば支払いが行われる前に現金にできるなどのメリットを持ちます。



ファクタリングのサービスを行っている会社は多数ありますので比較をして利用するのが一般的で、その比較のポイントの一つが手数料です。



手数料はファクタリング会社のマージンになるもので比較をせずに利用してしまうと、もっと安い手数料の会社があるにも関わらず売掛金の現金化が少なくなるなどのデメリットに繋がって来ます。

ちなみに、ファクタリングは2社間取引と3社間取引の2種類があり、手数料は2社間よりも3社間の方が安くなっていることも覚えておきましょう。