ファクタリングの2つのタイプを比較する

融資を受けにくい小規模事業者などでも資金調達ができる方法として注目を集めているのが、ファクタリングです。何らかの商取引を行っている多くの事業者にあっては、未回収となっている商品やサービスの対価すなわち売掛債権を保有しているものですが、ファクタリングではこれを専門事業者に売却することで対価を得ます。売掛金の入金前に資金繰りが悪化する可能性がある、などの場合に利用するとキャッシュフローを改善することができます。
ファクタリングには、利用者と事業者の2社間で契約するタイプと、さらに売掛先を交えた3社間でやり取りを行うタイプの2種類があり、それぞれ異なるメリットを有しています。
たとえば現金化までのスピードを比較するなら、2社間の方がより迅速です。

これは、利用に際して3社間の場合は売掛先の承諾が前提となるのに対して、2社間ではそれが必要ないためです。
一方、利用に当たって必要になる手数料の額を比較すると、2社間よりも3社間の方が割安になる傾向にあります。

ファクタリングの比較の情報を公開しています。

ただし手数料水準は事業者ごとに異なるうえ、売掛金の入金にどの程度の確実性があるかによっても変わってくるため、一概には言えません。


対外的な影響を比較した場合でも、相違が見られます。



最大の違いは、2社間ならば利用者と事業者の間だけで事務が完結するため、ファクタリングの利用を売掛先に知られることがないという点です。


一方、3社間は売掛先に対して支払いを確実に行うようアピールする目的でも利用することができます。