母の日の由来と人気のプレゼント

母の日の由来は、世界各国で違いがありますが、日本ではアメリカの少女が大切な母親を亡くした際に、教会の祭壇に母が好きだったカーネーションをささげたことにより始まったとされています。


亡くなってからではなくて、生きているうちに母親に感謝の気持ちを伝えておきた買ったという少女の思いを形にして、5月の第二土曜日を母の日と制定したのです。
現在では、母の日にはカーネーションと一緒に母親が喜びそうなプレゼントを贈ることが習慣になっています。花屋さんだけではなくて、スーパーやショッピングモールでもこの時期になるとたくさんのカーネーションが販売されるようになります。

人気のプレゼントとしては、エプロンや調理グッズなど普段の家事に行かせるようなアイテムや母親が好きなスイーツやコーヒーなどの嗜好品をはじめ、旅行や食事に招待する人もいます。

母の日の最新情報を見つけよう。

サプライズのように母親には内緒にして母の日にプレゼントを贈りたい人もいれば、事前に母親に要望を聞いたうえで欲しいものをプレゼントする人もいます。



どちらにせよ、子供たちが自分のためにいろいろなことを考えて感謝の気持ちを表したいと思ってくれていることに母親は胸がいっぱいになることでしょう。

その気持ちだけでも実はプレゼントになっているのです。



また、女性ならば、独身の頃よりも、結婚して子供を育てることになった時に、本当の意味での母親の偉大さや感謝の気持ちを感じることができるようになるかもしれません。