母の日の贈り物におすすめのプレゼント

category01

母の日は、普段は照れくさくてなかなか伝えられない感謝をイベントに乗せて伝えられる、良い機会です。

ちょっとした贈り物をすることで、その気持ちを伝えやすくなりますが、母の日は毎年やってくるので、ネタが尽きてしまったという方も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめのちょっとしたプレゼントをお伝えします。

母の日サイトを見つけることができました。

まずは文房具です。



実用性も高く、既に持っていても貰うと嬉しいものです。特に、普段使っているような安いものではなく、装飾を施されたものや便利な機能が付いたものなど、プレゼントだからこそ手にできるような付加価値の高いものだと喜ばれやすいでしょう。



最近では、インテリアに馴染むように作られた、木彫りの動物型のセロテープケースや可愛らしい柄のホッチキスなど、お洒落なグッズとして様々なアイテムが売っています。そのほか、日傘も喜ばれやすいアイテムです。


母の日はちょうど日差しが気になり始める季節にさしかかるため、時期的にもぴったりですし、日傘は持っていても長く使うと壊れてしまうことが多いので、予備としても重宝してもらえるのではないでしょうか。
日差しをしっかりとカットする効果のあるものや、収納性や軽量化に優れたもの、柄や刺繍などのデザイン性が素敵なものなど、様々な種類の日傘が売っていますので、手持ちのものと被ってしまうということはないはずです。どのようなものが好きか、相手の顔をイメージしながら選べば、喜んでもらえるプレゼントになります。


母の日コラム

category02

母の日は母親への愛と感謝を伝える日として5月第二日曜日に設定されています。今では当たり前の様に行われる年間行事ですが、起源は諸説あります。...

subpage

母の日の情報まとめ

category02

5月の第2日曜日は母の日、お母さんにカーネーションを贈り、日頃の感謝の気持ちを伝える日です。この習慣は世界各国にありますが、日本にはアメリカから伝えられました。...

subpage

難しくない母の日

category03

母の日は、南北戦争の医療衛生の改善を促進したアン・ジャービスが牧師だったフィラデルフィアの教会に娘のアンナ・ジャービスが1907年5月12日に白いカーネーションを贈ったのが起源とされていますが、日本国内では青山学院の前身の海岸女学校校長メアリー・J・ホルブルックや女講師マイラ・E・ドレーパー、青山女学院院長ファニー・G・ウィルソンの働きによって1932年に初めて祝われました。青山女学院では、現在でも母の日を学院の年中行事として行っていますが、1937年に設立された「森永母を讃える会」による全国規模の普及活動「ありがとうお母さん」によって1949年頃から5月第2日曜日に国内でも行われるようになりました。...

subpage

母の日関係の真実

category04

母の日の由来は、世界各国で違いがありますが、日本ではアメリカの少女が大切な母親を亡くした際に、教会の祭壇に母が好きだったカーネーションをささげたことにより始まったとされています。亡くなってからではなくて、生きているうちに母親に感謝の気持ちを伝えておきた買ったという少女の思いを形にして、5月の第二土曜日を母の日と制定したのです。...

subpage